オートローンは総量規制対象外になる?

オートローンは総量規制対象外になる?

オートローンは多目的ローンではないので、すべて総量規制対象外となります。
車を購入するときに総量規制対象になると、借りられる金額が非常に少なくなってしまいます。
新車になると200万円超えが普通ですから、もし総量規制対象のローンを利用するなら年収600万円以上は稼がないといけません。
収入に見合った車の価格というのは、年収の半分程度と言われています。
例えば年収600万円の方であれば、300万円程度の車が適切というわけです。
総量規制対象となるカードローンやキャッシングだと、年収の半分の借入はできません。

そこで役立つのが総量規制対象外のオートローンであり、目的ローンの中でもかなり低金利に抑えられています。
金利が低い理由はシンプルであり、車そのものが担保となるからです。
ビジネスローンだと担保にするものはありませんが、不動産担保ローンや住宅ローンなどは有担保ローンに該当するのです。
担保または担保に相当するものを設定できるローンは、金利がかなり低く抑えられています。

総量規制対象外のオートローンは非常に低金利で、5%以下の金利が普通になっています。
ただし、オートローンはローンによって金利幅が非常に大きいので、低金利ローンから先に検討していきましょう。
低金利ローンは審査が厳しい傾向がありますが、最初から高金利ローンに申し込むのは得策とは言えません。
まとまった借入になると、1%、2%のわずかな金利が非常に大きくなるわけです。
オートローンを利用できない方には、総量規制対象外の銀行融資をおすすめします。